JDI > 取引先との関わり

取引先との関わり

資材調達について

    

責任ある鉱物調達

JDIグループの紛争鉱物への取組み

当社では、顧客から米国法規制に基づくSEC報告のための調査要請を受け、サプライチェーンの一員として調査を実施するとともに、人道的な観点から紛争鉱物の不使用に向けて取り組んでいます。

具体的には、OECDガイダンスやJEITAの取り組み等のガイドラインに沿って、CFSI/RMIが開発したツール(紛争鉱物報告テンプレート)を使用し、紛争鉱物の使用状況や製錬所の特定などの調査を実施しています。また、当社のサプライチェーン内においても、取引先企業に対し調査結果に基づいた紛争鉱物の不使用に向けた取り組みを要請しています。当社では、取引先企業とともに紛争鉱物の不使用を進め、社会的な責任を果たしてまいります。

紛争鉱物調査システム(JCOMS)

JDIではCFSI/Responsible Minerals Initiative (RMI)が提唱するCMRTファイルをベースに、納入サプライヤー様へ納入された部品に使われている鉱物に関する質問・回答をする紛争鉱物調査システム(JCOMS)を使い、定期的またはお客様からのご要求に従い紛争鉱物の調査を実施しております。
対象となるサプライヤー様におかれましては、下記関連資料に従い、調査にご協力をお願いいたします。
※ JCOMS(Japan display COnflict Minerals Survey system)

JCOMSに関するお問合せ・ご質問は下記アドレスまで
jdi.csr-conflictminerals.zz@j-display.com

JCOMS関連資料

最新版は、下記帳票リストよりダウンロード可能です。

  最新版 更新日
JCOMS関連資料 日本語 英語 中国語
JDIの紛争鉱物対応について - 2017年12月21日
利用登録書 - - 2017年8月25日
サプライヤマニュアル 2018年1月19日
回答登録FAQ 2018年1月31日

(注)EICC,CFSI名称変更

2017-10-14付けで、電子業界のCSRアライアンスとして2004年以来活動してきたEICC(Electronic Industry Citizenship Coalition)が名称を Responsible Business Alliance(RBA)に変更しました。
またこれに合わせ、紛争鉱物関連プログラムの構築・推進を進めてきたCFSI (Conflict-Free Sourcing Initiative)の名称も Responsible Minerals Initiative (RMI)に変更されました。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ