JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2017年12月18日

「女性活躍推進法」に基づき厚生労働大臣からえるぼしの認定を取得


認定マーク「えるぼし(2段階目)」

株式会社ジャパンディスプレイ(代表取締役会長 兼 CEO 東入來 信博/以下当社)は、2017年11月15日付で、厚生労働大臣から「女性活躍推進法」に基づく女性の活躍推進が認められた企業に与えられるえるぼし認定を受けました。

えるぼし認定は「女性活躍推進法」に基づき、行動計画の策定・届出を行った企業のうち、一定の基準を満たした企業に対し、厚生労働大臣が認定する制度です。評価項目は、①採用、②継続就業、③労働時間等の働き方、④管理職比率、⑤多様なキャリアコースがあり、当社は①採用、②継続就業、③労働時間等の働き方、⑤多様なキャリアコースの4つの項目で基準を満たし、「えるぼし」の2段階目の認定を取得しました。

今後の当社の発展には、これまで以上に社員一人ひとりの個性・能力が十分に発揮できる環境が必要となります。さらには女性ならではの発想力、柔軟な考えを活かせる組織と職場環境の構築を推進することが求められています。当社は、2016年4月1日の「女性活躍推進法」の施行に伴い、女性の活躍推進を人材育成・活用の優先課題と位置づけており、今後も女性が能力を発揮できる組織と職場づくりに取り組んでまいります。
*認定マーク「えるぼし」は、女性の活躍推進に関する取り組み状況が優良な企業を認定するもので、認定された企業は、認定マークである「えるぼし」を利用することができます。

■「女性活躍推進法」とは
女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)が2015年8月28日に国会で成立しました。これにより、働く場面で活躍したいという希望を持つすべての女性が、その個性と能力を十分に発揮できる社会を実現するために、女性の活躍推進に向けた数値目標と取り組みを盛り込んだ行動計画の策定・公表や、女性の活躍に関する情報の公表が事業主(国や地方公共団体、民間企業等※)に義務付けられました。
*常時雇用する労働者が300人以下の民間企業等にあっては努力義務

■関連リンク
ジャパンディスプレイCSR活動の取り組み
人権・労働
www.j-display.com/csr/human/



プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ