JDI > 安全衛生活動

安全衛生基本方針

【基本方針】

ジャパンディスプレイグループは、全ての事業活動において、「安全・健康の確保を最優先」とした取り組みを通じ、安全で働きやすい職場環境を確保するよう活動し、安心・快適な社会の実現に貢献していきます。

1.
労働安全衛生はCSR(企業の社会的責任)において重要であることを認識し全社的な活動を推進する。

多用している有害化学物質・特殊高圧ガス・危険物や、その他の要因によって、事故・災害(爆発・火災・酸欠など)、負傷・疾患につながる潜在的・顕在的な危険性の排除と、安定した企業活動の維持を責務として、労働安全衛生活動に取り組むことを企業文化の一つと位置付け活動を推進する。

2.
全社安全衛生活動として、遵法及び継続的改善を基軸とした活動を推進する。

安全衛生関係法令及びJDIで自主的に受入れを決めたその他要求事項と各種ルールを遵守する事が、全ての従業員の安全確保につながることを認識し、ISO45001に準拠した労働安全衛生マネジメントシステムにおいて、PDCAサイクルを回し、継続的改善に取り組む。

3.
労働災害の撲滅、職業性疾病の撲滅と心身の健康保持増進を目標とした取り組みを推進する。

労働災害や職業性疾病を誘発する危険性・有害性リスクの事前評価を実施し、これらの予防策を各業務の手順等へ落とし込むことを徹底する。
労働安全衛生上の不備や課題について、従業員の積極的な声を吸い上げ、公正な評価・処遇となるよう保護すると共に、意見交換ができる環境を確立し、目標達成に取り組む。

4.
労働安全衛生マネジメントシステム(ISO45001準拠)の構築・運用・改善に際してリーダーシップをはかり、必要な人・物・財源をはじめとした経営資源を投入し支援する。

管理監督者層に対して、労働安全衛生の推進のために必要なバックアップ体制を敷くと共に、JDIとして組合や従業員代表との協議による労働安全衛生対策を推進していくための労働安全衛生委員会や推進委員会を設置し、これらが本来の役割と機能を果たせるようリーダーシップを図り、全ての従業員及び協力会社に対して必要な支援を行う。

2021 年1月1日
株式会社ジャパンディスプレイ
代表執行役会長 CEO 兼 取締役
スコット キャロン

安全衛生推進体制・健康経営体制・計画

ジャパンディスプレイグループでは、「安全衛生基本方針」及び「健康宣言」に基づき、安全衛生に関する目標及び実施計画を策定しています。また、安全衛生マネジメントシステムを有効に機能させるための組織・体制および役割・責任・権限を明確にし、安全衛生システムの継続的な改善に努めています。

労働安全衛生・健康増進活動 2020

<労働安全衛生への取り組み>

「2020年 労働災害実績」

2020年は、外来作業者災害も含め国内拠点で6件、海外製造拠点で1件、合計7件の労働災害が発生しました。発生拠点では、ただちに原因追及や対策を行い、並行して当社グループ内での横展開を実行し、再発防止に努めております。

「労働災害撲滅月間」

毎年全国で展開される全国安全週間に併せ、当社グループでは独自の活動として、「労働災害ゼロ月間」を展開しております。この活動は、過去の災害を振り返ることや、職場内のリスクを洗い出し、危険の芽を事前に摘み取ることを趣旨として毎年7月に強調取り組みを行っております。

「薬液・ガス漏洩想定訓練・安全体感教育」

当社の製品は製造するうえで、薬液・特殊ガスの使用は必須であります。正しい取り扱い、正しい管理方法を遵守していれば安全に使用できますが、何らかの事象によりトラブルが発生した場合、大きな災害を招いてしまうことが予想されます。
また、薬液・ガスに対する教育は、体感型を取り入れ、より危険性について理解を深められる教育を行っております。このような万一の事故を想定し、薬液・ガス漏洩時の対応訓練を使用職場が主体となり定期的に実施しております。

薬液体感教育 ガス燃焼実験

「地震総合避難訓練」

大規模地震による建物倒壊や火災において想定されるリスクに対応した地震総合避難訓練を毎年全ての拠点・オフィスで実施しております。
2020年度については、新型コロナウィルス感染拡大防止を鑑み、全体避難では三密に注意をしながら、避難経路確認や大規模地震発生時の対応VTRを視聴するなど工夫を凝らした活動としました。
また、火災発生時の初期消火訓練を実施し、有事の際、被害を最小限に抑える訓練活動を継続しております。

総合避難訓練 初期消火訓練

<健康管理への取り組み>

「健康宣言」

ジャパンディスプレイグループは、「今までにない発想と、限りない技術の追求をもって、人々が躍動する世界を創造し続ける」企業として、全ての事業活動において、「健康はすべての基盤」と位置づけ、社員の自立的な健康づくりを積極的に支援し、心身の健康づくりと、活力ある働きやすい職場環境の改善に取り組み、安心で快適な社会の実現に貢献していきます。

2021 年1月1日
株式会社ジャパンディスプレイ
代表執行役会長 CEO 兼 取締役
スコット キャロン

「健康経営の目的」

当社は、社員ひとり一人が、いきいきと働くことを目標に、社員の自立的な健康づくりを支援し、職場環境の改善に取り組むよう努めることを目的としています。

健康経営の目的

「健康経営体制」

すべての事業活動において、「健康はすべての基盤」と位置づけ、サスティナビリティ重要課題として社員の自立的な健康づくりを積極的に支援するための体制です。

健康経営体制

「健康づくり」

Improveとは、知識の習得などにより自分を磨く、上達するという意味で、自らの価値(能力)を高めることをイメージしています。当社で働く社員全員が自身を高め、充実した人生をおくれるよう、将来にわたって健康リスクの低減を目指すための3つの項目を設定しました。
 ◇定期健康診断率:100%
 ◇経年変化(グラフ)

健康づくり1 健康づくりグラフ

「健康経営戦略MAP」

「健康経営で解決したい経営課題」と「具体的な取り組み(健康投資と期待する効果)」のつながりを視覚的にわかりやすくするために戦略MAPを策定しました。

戦略MAP


労働安全衛生・健康増進活動 2018

労働安全衛生・健康増進活動 2017

労働安全衛生・健康増進活動 2016

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ