JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2014年10月28日

"イノベーションビークル2014"最先端ディスプレイの提案


8.0型4K2Kディスプレイ
画像拡大表示(JPEG/1.29MB)別ウィンドウ


コックピット向けディスプレイ
画像拡大表示(JPEG/633KB)別ウィンドウ


株式会社ジャパンディスプレイ(社長:大塚周一/以下、当社)は、一昨年、昨年に引き続きイノベーションビークルを開発しました。※1

イノベーションビークル2014では、当社独自の先端技術搭載製品のWhiteMagicTMやPixel EyesTM、IPS-NEOTMを更に進化させ、従来以上に省電力で、見やすく、使いやすいディスプレイをモバイルデバイス向け、車載向けに提案します。

「ひとり使いの4K2K 8.0型超高精細ディスプレイ」
次世代高精細標準4K2Kの鮮やかな映像を片手におさめるディスプレイを開発しました。しかも、モバイル用途で要求される低消費電力、薄くて軽く、狭額縁のまるごと画面を実現します。 さらに、指で画面を触れて入力するタッチ機能をアップして、1mmの細ペンや筆でもスラスラ書き込めます。これらは、ジャパンディスプレイ独自のLTPS技術、色再現範囲をNTSC比95%に拡大したIPS-NEOTM、バックライトディミング※2で進化したWhiteMagicTM、高分解能のPixel EyesTMで実現しています。

「自動車の次世代コックピット向けディスプレイ」
一目でわかるグラフィック表示やカメラでとらえた画面などの、運転に必要なさまざまな情報をドライバーの目前に展開できる横長曲面ディスプレイと、ナビゲーションや警告表示をフロントガラスに投影する高解像度ヘッド・アップ・ディスプレイを融合した、次世代コックピット向けのディスプレイを提案します。横長の大画面ディスプレイでは、曲面を持たせたIPS-NEOTMが、ドライバー視点での見やすさと高い表示品位を実現。さらに、進化したWhiteMagicTMが大画面・高精細と低消費電力を両立しています。

イノベーションビークル2014は、10月29日から31日までパシフィコ横浜で開催される「Display Innovation 2014」にてご覧いただけます。他にも、超低消費電力反射型ディスプレイやシートOLEDディスプレイ※3など新しい開発品を展示いたします。


5.2型 FHDシートOLEDディスプレイ

※1 イノベージョンビークルは、技術開発をリードするための提案型最先端ディスプレイで、お客様と当社の最新技術をつなぐ架け橋と位置付けています。

※2 表示する映像に合わせてバックライトを部分的に暗くする技術

※3 シートOLEDディスプレイの開発は独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成を受け実施しております。


関連ニュースリリース、イベント
2013年10月18日 "イノベーションビークル2013"最先端ディスプレイの提案
2014年10月17日 「Display Innovation 2014」に出展いたします

Pixel Eyes、WhiteMagic、IPS-NEOは、株式会社ジャパンディスプレイの商標です。



プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ