JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2018年08月01日
株式会社ジャパンディスプレイ

<JDI Future Trip Project>
朝の忙しさにゆとりをもたらすミラーを開発

朝の忙しさにゆとりをもたらすミラーを開発
コンセプト名 おくれ鏡
話しかけると所望の情報が鏡の中に鮮明な映像で浮かび上がります

株式会社ジャパンディスプレイ(代表取締役会長 兼 CEO 東入來 信博、以下 JDI)は、鏡の一部(全面含む)が瞬時にディスプレイに変化し、所望の映像情報を鮮明に表示することができるミラーを開発しました。朝の忙しさにゆとりをもたらすコンセルジュ機能つきミラーは一般顧客むけへの販売および、小売店舗の販促ツールとしての活用を目指していきます。

コンセルジュ機能つきミラーは、通常時は鏡ですが、音声操作により、鏡の一部が瞬時にディスプレイに変化し、天気やスケジュールなど日々の生活で必要となる情報を表示します。さらに内蔵カメラで撮影した映像を数秒遅れで鏡の一部に表示する「遅れ鏡」機能により、確認しづらい後ろ姿のスタイリングをチェックすることができます。また内蔵カメラで撮影した画像はスマートフォンなどへ転送することも可能です。

鏡がディスプレイに切り替わる技術は、JDIのコア技術を適応した液晶スイッチをディスプレイに備えることで実現します。このため、一般のハーフミラーを備える鏡機能付きディスプレイと比較して、より明るく、コントラスト比の高い映像を、瞬時に表示することを可能にしました。

通常時に鏡の状態であるコンセルジュ機能つきミラーは、空間に溶け込み、周囲との統一感を保つため、生活のあらゆるところへの活用が期待されます。JDIは今後、AI機能など機能面での拡充を目指し、IoT機器への搭載を視野に入れ開発を継続します。

<鏡面への情報表示イメージ>
鏡面への情報表示イメージ
鏡の面に、カレンダーや
天気情報の表示がされます。
<遅れ鏡使用イメージ>
遅れ鏡使用イメージ
通常時は鏡ですが、カメラで撮影した映像を数秒遅れで再生する
「遅れ鏡」の機能を備えます。確認しづらい後姿の
スタイリングチェックができます。

【JDI Future Trip Project】
2020年には、次世代通信システム5Gの商用化がはじまり、毎日の生活でふれる機器すべてのIoT化がすすみます。JDIは、今回新たに企業理念を「今までにない発想と、限りない技術の追求をもって、人々が躍動する世界を想像し続ける」と定め、マーケティング・イノベーションを推進する組織体を2018年4月に発足し、中小型液晶ディスプレイ世界シェアNo.1のJDIが持つ技術力を駆使した新たなコトづくりを進めています。JDIでは「JDI Future Trip Project」として、未来の新しい体験を作り出していきます。

https://jditrip.net 別ウィンドウ

プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ