JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2018年08月01日
株式会社ジャパンディスプレイ

<JDI Future Trip Project>
世界初、高透過 透明カラーディスプレイをヘルメットに装着
アジア最高峰のスーパーフォーミュラに参戦する「DANDELION RACING」と連携
究極の走行パフォーマンスを実現

世界初、高透過 透明カラーディスプレイをヘルメットに装着

株式会社ジャパンディスプレイ(代表取締役会長 兼 CEO東入來 信博、以下JDI)は、「高透過 透明カラーディスプレイ」をヘルメットに装着した走行実験を、アジア最高峰のフォーミュラレース、“スーパーフォーミュラ”に参戦する「DANDELION RACING(ダンディライアン レーシング)」と2018年7月に実施いたしました。透明ディスプレイを活用した実走実験は世界初の取組みとなります。

今回走行実験に使用されたディスプレイは、JDIの独自の技術を導入することにより、従来のカラー液晶ディスプレイでは必須のカラーフィルターおよび偏光板を取り除くことで実現した、透過率80%の高透過・透明カラーディスプレイです。「DANDELION RACING」と連携し、透明ディスプレイを、ヘルメットのシールドに重ねて装着。走行中に確認が必要となる温度、燃費などの車両情報を透明ディスプレイに表示し、レースでの実装を想定したテスト走行を富士スピードウェイで行いました。通常は手元のモニターまで視線移動が必要となりますが、運転時の視界内に情報を表示することでより運転に集中ができる環境となります。JDIは「DANDELION RACING」と今後も連携し、レースへの実装につながるプロダクトの研究を進めていきます。

DANDELION RACING 村岡 潔 監督コメント

「1000分の1秒を競うスーパーフォーミュラのレースでは、ドライバーは一瞬のミスも許されない緊張感の中、様々な情報を視認し、チームとともに戦います。 そのような環境下で少しの視線の動きを抑えることができたら、ドライバーのストレスは大幅に減るでしょう。 過酷なレースの現場で実験や研究を続けることで、様々な分野における高透過透明ディスプレイ技術の可能性を探っていきたい。」と思います。

【JDI Future Trip Project】
2020年には、次世代通信システム5Gの商用化がはじまり、毎日の生活でふれる機器すべてのIoT化がすすみます。JDIは、今回新たに企業理念を「今までにない発想と、限りない技術の追求をもって、人々が躍動する世界を想像し続ける」と定め、マーケティング・イノベーションを推進する組織体を2018年4月に発足し、中小型液晶ディスプレイ世界シェアNo.1のJDIが持つ技術力を駆使した新たなコトづくりを進めています。JDIでは「JDI Future Trip Project」として、未来の新しい体験を作り出していきます。

https://jditrip.net 別ウィンドウ

【DANDELION RACING】
チームの監督を務める村岡潔が1989年に設立。フォーミュラニッポン(現スーパーフォーミュラ)には1999年から参戦。2004年にシリーズチャンピオンを、2012年にはチームチャンピオンを獲得した。2016年には前年のGP2チャンピオンのストフェル・バンドーンを起用、F1ドライバーへと成長させた。 2018シーズンは、5シーズン目となるホンダのエース 野尻智紀選手に加え、ヨーロッパF2選手で大きく成長を遂げて日本に戻ってきた松下信治選手をチームに迎え、強力な布陣で臨む。
https://www.dandelion-racing.com/ 別ウィンドウ

プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ