JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2018年10月25日
株式会社ジャパンディスプレイ

とっとりIoT推進ラボ主催「DUNEコネクトアイデアソンwith JDI」を共催

DUNEコネクトアイデアソンwith JDI

株式会社ジャパンディスプレイ(代表取締役会長 兼 CEO東入來 信博、以下JDI)は、2017年11月より鳥取県がIoTプロジェクト創出に向け、産学官連携で取り組んでいる「とっとりIoT推進ラボ」の活動主旨に賛同し、2018年10月28日(日)に行われる「DUNE コネクトアイデアソン with JDI」を共催します。

AIやIoTが目まぐるしく進歩を続ける現代においては、幅広い分野で多様化が進み、大量生産・高品質・低コストを志向した「プロダクトアウト」※1では様々な個のニーズを満たすことはできません。そこで、市場を形成する個のニーズに向き合い、「マーケットイン」※2に重きを置くことにより、多様化への対応が可能になります。JDIが推進するプロジェクト「JDI Future Trip」では、モノづくりだけでないコトづくりを通じて、新たな価値を創出することに挑んでいます。

今回の鳥取県との取り組みでは、JDIが持つ最先端技術に、IoT、AI、Webの様々な要素を結び付けて、新たなサービス/ソリューションを思考する場を持つことで、地域における「IoT活用人材の育成」と、鳥取県が掲げる「先端ICT※3活用モデル創出」に向けて貢献してまいります。

※1  プロダクトアウト:企業が商品開発や生産を行う上で、作り手の理論や計画を優先させる方法のこと
※2  マーケットイン:ニーズを優先し、顧客の声や視点を重視して商品の企画・開発を行い、提供していくこと
※3  Information and Communication Technology

【DUNEコネクトアイデアソン with JDI】

日時:
2018年10月28日(日) 9:30-17:00
場所:
鳥取大学コミュニティ・デザイン・ラボ(鳥取県鳥取市)
URL (鳥取県庁とりネット とっとりIoT推進ラボ):

DUNEとは、以下2つの意味があります。(1)Display Upcoming Next Electronicsの略で、既存技術を解剖し、新たなサービスを生み出すこと。(2)砂丘

【JDI Future Trip】

2020年には、次世代通信システム5Gの商用化がはじまり、毎日の生活でふれる機器のIoT化がすすみます。JDIは、新たに企業理念を「今までにない発想と、限りない技術の追求をもって、人々が躍動する世界を創造し続ける」と定め、マーケティング・イノベーションを推進する組織を2018年4月に発足させました。中小型液晶ディスプレイ世界シェアNo.1のJDIが持つ技術力をもって、価値あるサービスやソリューションを提供しモノづくりだけではないコトづくりを推進するプロジェクトが「JDI Future Trip」です。
JDI Future Trip 特設ページ :https://jditrip.net別ウィンドウ



プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ