JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2018年12月04日
株式会社ジャパンディスプレイ

<JDI Future Trip Project>
映像と香りで新たな顧客体験を提供する"紡ぎシリーズ"
好みの空間演出を可能にする「XHL-01 Halley」を開発

コンセプト名:紡ぎ(つむぎ)
コンセプト名:
XHL-01 Halley

株式会社ジャパンディスプレイ(代表取締役会長 兼 CEO 東入來 信博、以下JDI )は、当社のビジョンを体現する五感デバイスとして、視覚と嗅覚で新たな顧客体験を提供する「紡ぎ(つむぎ)シリーズ」を開発し、好みの空間演出ができる壁掛けインターフェイス「XHL-01 Halley」を発表します。

「XHL-01 Halley」は、高精細ディスプレイをタイリングさせ壁掛けのインテリアとして、顧客特性に応じた映像や香りを提供する事で、ユーザー好みの空間を作り出すことができます。容易なメンテナンスは継続使用を可能にします。

今後は、サービスやオフィス空間での空間演出を目指しており、プロモーションや顧客満足度の向上、生産性向上など幅広いユースケースを想定しています。中期的には、Artificial Interfaceを活用し、顧客属性情報を元にしたソリューション開発するため、実証実験で効果検証していく予定です。

【 JDI Future Trip Project 】

2020年には、次世代通信システム5Gの商用化がはじまり、毎日の生活でふれる機器すべてのIoT化がすすみます。JDIは、今回新たに企業理念を「今までにない発想と、限りない技術の追求をもって、人々が躍動する世界を想像し続ける」と定め、マーケティング・イノベーションを推進する組織体を2018年4月に発足し、中小型液晶ディスプレイ世界シェアNo.1のJDIが持つ技術力を駆使した新たなコトづくりを進めています。JDIでは「JDI Future Trip Project」として、未来の新しい体験を作り出していきます。

JDI Future Trip 特設ページ:


プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ