JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2019年07月17日
株式会社ジャパンディスプレイ

<JDI Future Trip Project>
『鈴鹿8時間耐久ロードレース』に体験コーナー設置
セーフティードライブを実現するオートバイ用小型ヘッドアップディスプレイ「XHD-03」
~スマートフォンと連携、視線上にナビゲーション表示~
画像01

「XHD-03」

株式会社ジャパンディスプレイ(代表取締役社長 兼 CEO月﨑義幸、以下JDI )は、三重県鈴鹿市で2019年7月25日(木)から開催される『鈴鹿8時間耐久ロードレース』に、セーフティードライブを実現するオートバイ用小型ヘッドアップディスプレイ「XHD-03」の体験コーナーを設けます。

「XHD-03」は、2018年にJDI Future Trip Projectとして発表したヘルメットに着脱可能な小型のヘッドアップディスプレイ搭載外付けユニットを改良した製品です。ヘルメットにヘッドアップディスプレイユニットを装着することで、走行時の視線を維持した状態でナビゲーション情報を確認することが可能となり、今回の製品はスマートフォンとの連携も実現しました。本製品は2019年度中の発売を予定しています。

【 鈴鹿8時間耐久ロードレース 】

会期:
2019年7月25日(木) ~ 28日(日)
会場:
三重県鈴鹿市 鈴鹿サーキット
ブース場所:
GPスクエア内
鈴鹿8時間耐久ロードレースは、FIM世界耐久選手権シリーズとして毎年夏に鈴鹿サーキットで開催される日本最大のオートバイレースです。

<関連ニュースリリース>



プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ