ニュースリリース:旧日立ディスプレイズ

2010年9月24日

投影型静電容量方式タッチパネルを内蔵したIPS液晶ディスプレイを開発

液晶ディスプレイの薄型化とともに、高い検出性能を実現

株式会社日立ディスプレイズ(取締役社長:井本義之/以下、日立ディスプレイズ)は、このたび、IPS液晶ディスプレイのカラーフィルタ基板上に投影型静電容量方式のタッチパネル層を形成したタッチパネル内蔵型IPS液晶ディスプレイを開発しました。今回開発したタッチパネル内蔵型IPS液晶ディスプレイでは、タッチパネル専用のガラス基板が不要となるため、液晶ディスプレイの薄型化が可能となり、マルチタッチ機能のあるタッチパネルを搭載した、より薄い携帯電話やスマートフォンが可能になります。また、駆動方式の改良や独自のソフトウェアの導入により、高い検出性能を実現しました。

近年、タブレットPCやスマートフォンなどの携帯端末の高機能化を背景に、直感的な操作ができるタッチパネルの採用が拡大しており、今後も、タッチパネルが搭載される携帯端末は高い成長率が見込まれています。特に、投影型静電容量方式タッチパネルは、軽く触れるだけで操作できる使いやすさや、複数の指で画像の拡大や対象の移動などの操作ができるマルチタッチ機能といった特長から、さらに搭載率が高まると予想されています。一方で、携帯端末には多機能化とともに意匠性が求められることから、液晶ディスプレイの薄型化を可能とするタッチパネル内蔵型液晶ディスプレイの開発が液晶ディスプレイメーカー各社で進められてきました。しかし、従来のタッチパネル内蔵型液晶ディスプレイでは、カラーフィルタガラス基板上の検出電極部と液晶ディスプレイの画素部の距離が短いために、ノイズの影響を受け、入力の際の検出性能が低下することが課題でした。

そこで、日立ディスプレイズは、タッチパネルと液晶ディスプレイが分離した従来型の投影型静電容量方式タッチパネルと同等の検出性能(検出誤差±1.0mm以下)をもつ、タッチパネル内蔵型IPS液晶を開発しました。この検出性能は、液晶ディスプレイの駆動方式の改良や、タッチパネル制御用のソフトウェアに独自開発のアルゴリズム(計算手法)を組み込み、タッチパネルへのノイズの影響を半分以下に低減したことにより実現しました。

日立ディスプレイズでは、合成樹脂製ペンや手袋をはめた手など絶縁体による操作が可能な静電容量方式のタッチパネル(*)の開発も完了しています。日立ディスプレイズは、今後もタッチパネルのラインナップを拡充し、高付加価値な中小型液晶ディスプレイ製品の開発および販売を強化していきます。また、タッチパネルの制御システムを含めた顧客サポートを推進し、顧客の製品開発に寄与していきます。

なお、今回開発したタッチパネル内蔵型IPS液晶は10月5日から10月9日まで幕張メッセで開催される「CEATEC 2010」に出展します。

* 2010年8月27日発表:合成樹脂ペンや手袋をはめた手など絶縁体による操作が可能な静電容量方式タッチパネルを開発
詳細はこちら

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。 予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。