ニュースリリース:旧東芝モバイルディスプレイ

2004年6月25日

携帯用で業界最高となる高色純度・多画素の低温ポリシリコンTFT-LCDを製品化


携帯用で業界最高となる高色純度・多画素の低温ポリシリコンTFT-LCDを製品化

当社は、携帯用としては業界最高となる、高色純度かつ多画素な2.4型 半透過低温ポリシリコンTFT-LCD(液晶表示装置)を製品化しました。

今回製品化した低温ポリシリコンTFT-LCDは、従来より高色純度な材料で、バックライトの光源であるLED(発光ダイオード)との光学特性をマッチングさせた新しいカラーフィルタを、半透過型の低温ポリシリコンTFT-LCDと組み合わせることにより、携帯用として液晶TV並み、業界最高の透過色再現性(NTSC比72%)を達成。表示画像の色をより忠実に再現することが可能になりました。

また、画素数は240 x 345と、従来のQVGA(240 x 320)画素に加え、情報表示用エリアが、縦方向に25画素分増えています。これにより、QVGA画像を全面表示しつつ、アイコンや文字情報等を表示することができ、より豊かな情報表示が可能になりました。

これまで、当社は、来るべきマルチメディア社会において、『どこでも使え、どこでも見やすい 多用途ディスプレイ』を追求してきましたが、今回、より忠実に色再現し、より豊かに情報表示できる、半透過型の低温ポリシリコンTFT-LCDを製品化するに至りました。

低温ポリシリコンTFT-LCDは、高精細・コンパクトを特徴とする当社のコアテクノロジー技術です。

製品型名 LTM024D260
方式 半透過型 低温ポリシリコンTFT
画面サイズ 対角6.1㎝(2.4型)
画素数 240(横) x 345(縦)
透過色再現性 NTSC比72%
表示色 26万色

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。 予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。