ニュースリリース:旧東芝モバイルディスプレイ

2004年12月09日

画面上から直接入力できる低温ポリシリコン液晶ディスプレイの開発
~タッチパネル機能を内蔵したインプット ディスプレイ~

画面上から直接入力できる低温ポリシリコン液晶ディスプレイの開発

当社は、指などによる入力機能(タッチパネル機能)を内蔵し、画面上からの直接入力ができる低温ポリシリコン液晶ディスプレイを開発しました。

当社では、かねてより開発に注力している低温ポリシリコン技術の特性を活かしたSOG(システム・オン・グラス)技術の具現化として、2003年4月、世界で初めて画面から直接画像を取り込める液晶ディスプレイ(インプット ディスプレイ)を開発しましたが、今回はさらにこの技術を発展させることによって、タッチパネル機能という新たな機能を付加することに成功しました。

本開発品は、SOG技術によりタッチパネル機能そのものを液晶ディスプレイのガラス上に作り込んでいるため、従来のタッチ入力機能付ディスプレイのように、タッチスクリーンを外付けの別部品としてディスプレイに組み合わせる必要がなく、搭載製品の薄型化・小型化・軽量化が可能になります。

また、低温ポリシリコン液晶ならではの高速スイッチングを始め、光センサーの感度向上、信号処理の高精度化等の技術開発により、タッチパネル機能に要求される入力情報の短時間での読み取り動作や信号処理を実現しています。

今回開発に成功したタッチパネル機能付きインプット ディスプレイは、例えばモバイル端末からメカニカルなテンキーをなくし、必要なときにだけディスプレイ上にテンキーを表示させ、タッチ入力といった使い方が想定され、ビジネス用途を始めとするさまざまな商品化が期待されます。

なお、本技術は12月8日から10日まで新潟にて開催されている「第11回ディスプレイ国際ワークショップ (IDW'04)」で発表します。

項目 開発品の仕様
画面サイズ 対角 8.9cm(3.5型)
画素数 320 x 240(QVGA)
表示 カラー26万2千色、透過型
表示リフレッシュレート 60Hz
読取りデータレート 60Hz

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。 予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。