ニュースリリース:旧東芝モバイルディスプレイ

2010年4月27日

21型裸眼式高精細立体表示ディスプレイの開発
- 眼鏡なしで臨場感のある立体映像を表示 -

21型裸眼式高精細立体表示ディスプレイの開発
画像拡大表示(JPEG形式/602KB)別ウィンドウ

東芝モバイルディスプレイ株式会社(社長:大井田義夫)は、次世代モニターの実現に向けて眼鏡を使わずに立体映像を楽しむことができる21型裸眼式高精細立体表示(3D)ディスプレイを開発しました。

近年、よりリアルな画像を望む声が高まり、ディスプレイ技術の進化と相まって様々な分野で3D化の動きが出ており、映画、TV等の分野では実用化が始まっております。これらの3Dは眼鏡を使って左眼、右眼に入る画像を分離する眼鏡方式が中心ですが、市場からは場所を選ばず、より汎用性の高い眼鏡を使わない方式への根強い要望があります。本開発品はインテグラルイメージング方式(光線再生方式)により眼鏡を使わず実物を広い視点からそのままに立体映像として再現します。よって、広告用、娯楽機器用等の3Dモニターに適したディスプレイとなっております。

インテグラルイメージング方式は、長時間使用しても目の疲労度が格段に少なく、又多視差(*)を有することから、眼鏡方式にはない「運動視差」(見る人の視点移動に合わせて見える映像も変化すること)を持っております。また、視域が広く、自然で滑らかな立体像を表現することができます。一方、本方式は、空間分割により多視差表示するため、ディスプレイの画素数に対して視差数分だけ3D表示画面の精細度が低くなることが課題となっておりました。今回当社は従来から培った低温ポリシリコン技術を用いた超高精細画面と組み合わせることでこの課題を解決し、高精細、大画面の3Dディスプレイを実現しました。

今回開発した21型裸眼式高精細3Dディスプレイはレンズシートを採用しておりますので、表面輝度の低下を抑制し低消費電力で一般ディスプレイと変わらぬ明るさを提供しており、環境に優しいディスプレイといえます。また、一般モニターのように正面から向き合って映像を見る以外にも、パネルを倒した状態(平置き)で立体模型のように上方からの高い目線で俯瞰して見ることも可能です。正面視に対して俯瞰視は立体感を得られやすく、より臨場感を感じることができます。

本開発品は、5月25日から27日まで、米国シアトルで開催されるSID 2010 International Symposium, Seminar and Exhibition の東芝ブースにて展示を予定しています。

(*)視差:立体画像を表現するには少なくとも右目、左目の2方向からの画像データが必要となり、2視差の3Dディスプレイと呼ばれます。本開発品は9方向から見た画像データを再現します。

項目 開発品の仕様
3D仕様 インテグラルイメージング方式、9視差
画面サイズ 対角 53.3㎝ / 21.0型
3D画素数 1280(横) × 800(縦)/ WXGA
3D視域 水平方向 ±15度 typ.
表面輝度 480cd/m2 typ.

※本21型裸眼式高精細3Dディスプレイは、2009年度補正予算により総務省から受託した「眼鏡の要らない3次元映像技術の研究開発(次世代・究極3次元映像技術)」において、株式会社東芝 研究開発センターと共同で開発したものです。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。 予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。