設計したスマホが、
人々の手の中にある感動。

所属|モバイルカンパニー

現在の職種|設計

入社年度|2002年度

大学・大学院での専攻|電子情報工学

ジャパンディスプレイを
選んだ理由を教えてください。
入院中の人や一人暮らしの人、家族が離れて暮らしている人などを実物大に映すことができ、そこに居る、在るかのようなディスプレイやそこに窓があるような人々の生活を豊かにするためのディスプレイを創りたいという想いがあり、それを叶えられる企業としてジャパンディスプレイを選びました。
入社以降、どんな仕事を
していますか?
主にスマートフォン向けの液晶パネルの設計をしています。パネルの設計と言っても、表示内の画素レイアウト、駆動関係、構造関係、光学関係と細かく分かれており、私はこの中で光学関係(パネルの明るさや色合い)の設計をしています。 自分の設計した製品が世の中に出て、一人でも多くのお客様に買ってもらうことが、私のモチベーションです。苦労して立ち上げた製品が店頭に並んでいるのをはじめて見たときは、とっても感動し、もっと頑張ろうという活力になりました。
ターニングポイント
2002
現場実習
会社には様々な役割があり、適材適所が大切だと学んだ。
2006
初めて製品を担当
当時の技術を全て載せた製品で、量産までの過程はとても大変だったが、実際に売られている様子を見てやりがいを感じることができ、とても感動した。
2012
3社統合
最初は仕事のやり方の違いに驚いたが、それぞれの良いこところを学べた。
2017
CFT活動
パネルの設計業務だけでは会うことのできなかった、様々な部門の人と出会えた。会社幹部との関わりを持つ機会が与えられ、活力となった。
どんな時にやりがいを感じますか。
自分の設計した製品が、世の中の人に使ってもらえるところです。一つの製品を立ち上げるためにはパネル以外の部署とも連携し、仕様を決めていくのですが、いろいろな人の知識や技術、仕事のやり方を知ることが出来るため、学びも刺激も多いです。異なる部署の多くの人が関わる仕事なので、大切なのは、信頼関係だと感じています。私には、信頼関係を築くために心掛けていることがあります。責任感を持って仕事に取り組むこと。悩んだら一人で抱え込まず上司や周りの同僚に相談すること。責任感をもって取り組み、日ごろからコミュニケーションをとるように心がければ、自然と信頼関係が生まれ、お互いに仕事が進めやすくなると考えているからです。
叶えたい夢、
チャレンジしたいことは何ですか?
私自身がワクワクできるような製品を作っていきたいですね。特に私は新しいものが好きなので、新しい技術を搭載した製品の設計に携わりたい。そしてそれをいち早く世の中に提供していきたいです。
ジャパンディプレイの働く環境
としての魅力はどこにありますか?
女性が働きやすい環境だと思います。長期のプロジェクトも参加できるし、責任ある仕事も頂けますし、すごく男女平等です。そしてやりたいことに挑戦できる環境があります。
トップへ
トップへ