JDI > ニュース&イベント > ニュースリリース

ニュースリリース

2014年01月09日

超低消費電力メモリーインピクセル反射型液晶モジュールの量産を開始

株式会社ジャパンディスプレイ(社長: 大塚周一/以下、当社)は、超低消費電力を実現するメモリーインピクセル(MIP)反射型液晶モジュールの量産出荷を開始しました。電力をほとんど消費しないため、ウェアラブル製品などの長時間利用を可能にするとともに、新開発の散乱層の採用で明るく視認性の高い反射型ディスプレイを実現しています。

反射型ディスプレイは、外光を反射させて表示を行う為、液晶モジュールの約80%*の電力を消費するバックライトを必要としません。また、MIPは画素に組み込まれているメモリで画像情報を保持するので、静止画の場合、一度書き込みをすれば後はそのデータを保持し続けることによって、超低消費電力での画像表示を可能にします。新しい散乱層は光学設計を最適化し、紙に近い表示を可能にしています。

超低消費電力でバッテリーへの負荷を軽減し、屋外での視認性を確保するカラーディスプレイは、スマートウォッチ等のウェアラブル機器、電子リーダーなどの新しい用途への展開が期待されます。

当社は、中小型ディスプレイに対してユーザーが求める、高精細、高画質、低消費電力、薄さ・軽さの声に応えるべく、LTPS、IPS液晶、MIP、WhiteMagicTM、Pixel EyesTMを提供し、電子ディスプレイ業界をリードしていきます。

【本製品の概略仕様】
  0.99" 丸型 1.39"
  LTPS(MIPタイプ) LTPS(MIPタイプ)
液晶モード 反射型 ECB 反射型 ECB
反射率(Typ.) 32% 32%
コントラスト比(Typ.) 20 : 1 20 : 1
画素数 180 × 180 205 × 148
精細度 182 ppi 182 ppi
色数 64色 64色
消費電力 静止画 0.13 mW 0.13 mW
1Hz動画 0.16 mW 0.16 mW

*当社調べ

WhiteMagic 及び Pixel Eyes は株式会社ジャパンディスプレイの商標です。

プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ