JDI > ニュース&イベント > ニュースリリース

ニュースリリース

2014年05月29日

にLocal Dimmingバックライト技術を適用した液晶モジュールを開発
- さらなる低消費電力の実現へ -


画像拡大表示(JPEG形式/990KB) 別ウィンドウ

株式会社ジャパンディスプレイ(社長: 大塚周一/以下、当社)は、低消費電力、外光下の視認性で高い評価をいただいているWhiteMagicTMに、新たに開発したlocal dimmingバックライト(部分駆動バックライト)を搭載した、7型ワイドQXGAフォーマット(1,600(横)x2,560(縦)画素)の液晶モジュールを開発しました。

W(白)画素を加えることで画面全体を明るくし、その分のバックライト消費電力を削減するWhiteMagicTMの効果を最大化する為には、入力された表示画像データを解析、処理し、液晶パネルとバックライトを適切かつ効率的に駆動することが重要です。今回、WhiteMagicTMにlocal dimmingバックライトを組み合わせることにより、より効率的にバックライトをコントロールすることが可能になり、従来のWhiteMagicTMよりさらに20%の消費電力の削減が可能になりました。 また、今回開発したlocal dimmingバックライトはLEDを導光板の縁に配置するエッジライト方式を採用していることから、従来の薄型バックライトに比べて厚くなることもなく、モジュールトータルとして1.16mmまで薄型化が可能となっています。

当社は、幅広い用途にWhiteMagicTMを提案し、お客様の要望に応えてまいります。

本製品は、本年6月1日から米国カリフォルニア州サンディエゴにて開催されるSID DISPLAY WEEK 2014のシンポジウムで発表するとともに、ブース(#1332)で展示いたします。 (展示は6月3日~5日の予定。)

【本試作品の概略仕様】
液晶モード LTPS IPS
画面サイズ 対角17.9cm (7型)
画素数 1,600(横) x 2,560(縦) RGBW (ワイドQXGA)
精細度 431 ppi
モジュール厚さ 1.16mm
額縁寸法 左右1.0mm
色再現域(NTSC比) 70 %
コントラスト比 2,200:1 (最大19,000:1)
視野角 上下左右160度以上 (CR>100:1)
ディスプレイ表面輝度 500cd/m2

当社比
WhiteMagicは、株式会社ジャパンディスプレイの商標です。



プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ