JDI > ニュース&イベント > ニュースリリース

ニュースリリース

2016年11月21日

VR専用の超高精細・高速応答 液晶ディスプレイの開発
- 仮想現実ヘッドマウントディスプレイのリアリティと没入感を高める -

株式会社ジャパンディスプレイ(社長:有賀修二/以下、当社)は、仮想現実ヘッドマウントディスプレイ(以下、VR-HMD)専用の3.42型低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイ(以下、LTPS TFT-LCD)を開発し、サンプル出荷を開始いたしました。

本LTPS TFT-LCDは、超高精細、高速応答液晶、高リフレッシュレート、ブリンキングバックライト※1といったVR向けに最適な性能・機能を備えており、現在のVR-HMD製品に搭載されているディスプレイが持つ課題を解決し、お客様により現実に近い体感を提供します。

仮想現実(以下、VR)の普及・拡大には、VR-HMDがハードウエアおよびソフトウエアの両面において、ユーザーがより現実に近い体感を得るための没入感とリアリティを高めていくことが重要です。VR-HMDハードウエアを支えるセンシング技術、映像表示技術、信号処理技術、信号伝送技術などの進化により、VR-HMDの性能は大きく向上しており、昨今のVR市場急拡大を後押ししています。しかしながら現在発売されているVR-HMDに使われているディスプレイは、スマートフォン向けディスプレイ技術を流用した製品がほとんどであり、VR-HMDの没入感とリアリティを高めるために必要な画素精細度、応答速度、動画品質の全てを満足するディスプレイが存在していませんでした。そこで当社では、これらを満足するために、精細度651ppi※2、90Hzのリフレッシュレート、3ミリ秒で白黒の切り替えが可能な高速応答IPS液晶、ブリンキングバックライトを採用し動画品質を向上させたVR-HMD専用ディスプレイを開発いたしました。

1) 画像の滑らかさ
VR-HMDではディスプレイとユーザーの眼の間にレンズを配置し、ディスプレイの画像を拡大しています。このため、スマートフォン向けディスプレイ技術を流用した製品では、画素の粗さが目立つという課題がありました。当社は651ppiという超高精細ディスプレイを開発し、この問題を解決しました。2017年には800ppi以上のディスプレイの開発とサンプル出荷も予定しています。

2) 動画ぼやけの改善
VR-HMDでは画像を高速に動かすケースが多く、従来品では、動画ぼやけが見えやすいという課題があります。当社はこれを改善するため、90Hzのリフレッシュレート、3ミリ秒で白黒の切り替えが可能な高速応答IPS液晶、ディスプレイ表示の10%の期間のみバックライトを点灯するブリンキングバックライトを採用し、動画ぼやけを改善いたしました。

3) システムレイテンシーの改善
ユーザーの動きを感知してから映像を表示するまでの時間遅延(以下、システムレイテンシー)が長くなると、頭の動きと画像に遅延が生じ、ユーザーの脳にストレスを与えてしまいます。そのため、VR-HMDシステム全体でシステムレイテンシーを短くすることが求められており、本製品は、90Hzリフレッシュレートと高速応答液晶の採用により、システム全体のレイテンシーに占めるディスプレイの割合を小さくすることができます。

※1 ブリンキングバックライト:通常は常時点灯して用いるバックライトを、点滅させることにより、動画表示性能の改善を図ったもの

※2 ppi(pixel per inch)は1インチあたりの画素数


図1 精細度の比較

(a) スマートフォン向け液晶ディスプレイ(b) VR向け液晶ディスプレイ

図2 動画ぼやけの比較

【仕様概略】
画面サイズ  3.42インチ
画素数  1,440(横) x RGB x 1, 700(縦)
精細度  651 ppi
リフレッシュレート  90Hz
液晶応答速度  3msec (白黒)、6msec (中間調応答ワーストケース)
表面輝度  150cd/m2 (ブリンキングバックライト10%点灯時)
コントラスト比  700:1(Typ.)


プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ