JDI > ニュース&イベント > ニュースリリース

ニュースリリース

2017年01月25日

スマートフォン向け “FULL ACTIVETM FLEX” を開発
- 5.5型Full-HD プラスチック基板を採用した液晶ディスプレイ -


画像拡大表示(JPEG/1.21MB) 別ウィンドウ

株式会社ジャパンディスプレイ(社長:有賀修二/以下、当社)は、プラスチック基板を用いた5.5型Full-HD(1080(横)×1920(縦)画素)液晶ディスプレイFULL ACTIVETM FLEXを開発しました。

FULL ACTIVETM FLEXは、TFTを形成する基板を従来のガラスに変えてプラスチックを用いることで超薄型化構造を実現すると共に、その柔軟性を活かして曲面形状を容易に形成することができるため、お客様のデザイン自由度を大幅に拡大することが可能になります。また、プラスチック基板の採用により、落下衝撃による基板の割れを防止します。更にこれまで当社が開発してきた低周波駆動技術を盛り込むことで、通常の60Hz駆動だけでなく15Hzまでの低周波駆動にも対応し、消費電力低減をサポートいたします。

本製品は、2018年の量産開始を目指しております。

当社では、この技術を当社の新たなプラットフォーム技術の一つと位置づけ、スマートフォンに限らず、ノートPC、車載製品などへの展開を検討してまいります。


本製品の概略仕様
画面サイズ  5.5型
画素数  1080 (横) ×RGB×1920 (縦)
精細度  401ppi
LCD駆動周波数  60Hz/30Hz/15Hz切り替え可能
液晶モード  光配向IPS (IPS-NEOTM)
画面輝度  500cd/m2(Typ.)
コントラスト比  1500:1(Typ.)


プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ