JDI > ニュース&イベント > ニュースリリース

ニュースリリース

2017年02月13日

高透過 透明カラーディスプレイを開発
- NTT R&Dフォーラム2017に出展 -

表示on

表示off


株式会社ジャパンディスプレイ(社長:有賀修二/以下、当社)は、従来の透明ディスプレイに比べ非常に高い透過率80%の4.0型透明カラーディスプレイを開発いたしました。
本開発品は、日本電信電話株式会社とパナソニック株式会社が共同で開発中の「透明ディスプレイを搭載したシンプルなポータブル端末」に採用され、2017年2月16~17日開催のNTT R&Dフォーラム2017※1に出展される予定です。

本開発品では、当社の独自の技術を導入することにより、従来のカラー液晶ディスプレイに必須であったカラーフィルターおよび偏光板を取り除くことで、有機ELを使った透明ディスプレイと比較し、1.8倍(当社調べ)の透過率80%を実現することができました。このような高い透過率は、拡張現実 (Augmented Reality, AR)※2 等のデジタルコンテンツと現実世界を同時にクリアーに表示し、一体感のある表現が可能となります。当社では、このような表現の魅力を活かし、ショーウィンドーを使った広告、教育、車載用途など新しいディスプレイの使い方を想定しております。

今後、本技術を中~大型のディスプレイにも展開しながら、2018年度以降の量産開始を目指しております。

※1 NTT R&Dフォーラム2017:https://labevent.ecl.ntt.co.jp/forum2017/info/ 別ウィンドウ

※2 AR(拡張現実)とは、現実世界の情景に、コンピューターグラフィック等の情報を加えユーザーの視覚体験を拡張する技術及びシステムの総称


開発品の概略仕様
画面サイズ  4.0型
画素数  300(横)×360(縦)
精細度  117ppi
最大表示色  1677万色
透過率  80%


プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ