JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2018年01月23日

透明な静電容量式ガラス指紋センサを開発
- セキュリティ高度化の時代に向け、センサ分野へ参入 -

株式会社ジャパンディスプレイ(代表取締役会長 兼 CEO 東入來 信博/以下当社)は、当社の持つ液晶ディスプレイに搭載してきた静電容量型タッチ入力技術を応用し、透明な静電容量式ガラス指紋センサを開発しました。本製品は、2018年度中の量産出荷を予定しています。

当社は、LTPS (低温ポリシリコン)液晶ディスプレイの開発で培った経験とノウハウにより、さらなるセキュリティ高度化の時代に向け、センサ分野への参入を果たし、ディスプレイ以外の分野において新たなポジションを獲得してまいります。


静電容量式ガラス指紋センサの使用イメージ

静電容量式ガラス指紋センサは、スマートフォンやデジタルカメラ向けの液晶ディスプレイで展開している Pixel EyesTM に搭載されているタッチ入力技術の原理を応用しました。Pixel EyesTMでは、液晶ディスプレイ表面に指が触れた時の静電容量の変化を検出するための機能が、ガラス基板上に形成されています。静電容量の変化が起きているエリアを特定することで、液晶ディスプレイ上のどのエリアに指が触れているかを検知します。この技術をさらに進化させ、指紋の凹凸による静電容量の変化を検出する技術の開発に成功しました。本開発により、透明なガラス上に静電容量式指紋センサを形成することが可能になりました。今回開発したセンササイズ8mm×8mmの製品だけではなく、大型サイズや小型サイズへのラインアップ拡充をしてまいります。

将来的には、当社の持つフレキシブルディスプレイ技術を用い、フレキシブルで薄いセンサを実現することで、指紋センサを要する製品のデザイン自由度向上が期待できます。

■製品の主な特長
(1)ガラスの透明性を活かした指紋センサの用途拡大
現在一般的に使用されている指紋センサは、シリコン製が主流となっています。そこで当社は、シリコン製にはないガラスの高い透明性といった特長を活かし、バックライトやディスプレイなどと組み合わせ、これまでにない新たな指紋センサの用途拡大を見込んでおります。

(2)様々な分野で容易にセキュリティの強化が可能に
個人認証付きスマートカードやスマートフォンの普及、そしてIoT(Internet of Things)時代を迎えている現在、あらゆる場所に高セキュリティーデバイスの搭載が求められています。個人認証システムにおいても、指紋センサによるセキュリティレベルの高度化がこれまで以上に必要です。指紋センサの透明化により、あらゆるデバイスへの搭載の自由度があがり、セキュリティ強化の対応がしやすくなります。また、スマートフォンやノートPC向けで一般的に使用されている、シリコン製指紋センサの置き換えが可能です。

【本製品の概略仕様】
センサ方式 静電容量式
有効センササイズ 8.0mm×8.0mm(0.45型)
階調数 256
解像度 160×160
精細度 508 dpi

dpi:Dots per inch 1インチあたりのドット数
Pixel Eyesは株式会社ジャパンディスプレイの商標です。



プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ