JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2018年12月20日
株式会社ジャパンディスプレイ

静電容量式ガラス指紋センサの量産開始

株式会社ジャパンディスプレイ(代表取締役会長 兼 CEO 東入來 信博/以下当社)は、LTPSバックプレーン技術とタッチパネル技術を活用した静電容量式ガラス指紋センサの開発を進めてまいりました。このたびスマートドアロック向けなどセキュリティ市場むけガラス指紋センサの量産を開始いたします。

LTPSガラス基板上に形成した指紋センサ
LTPSガラス基板上に形成した指紋センサ
静電容量式ガラス指紋センサモジュール
静電容量式ガラス指紋センサモジュール

当社では、スマートフォン向けのLTPSバックプレーン技術とタッチパネル技術を異なる事業領域へ応用する研究開発を進めて参りました。その一つが指紋センサであり、シリコン基板ではなしえない大面積センサ、透明センサ、フレキシブルセンサといった次世代の指紋センサデバイスの実現が可能になります。

指紋による個人認証はスマートフォンに広く使われているため、すでに人々の暮らしの中に浸透しています。このため様々なセキュリティ市場が成長し始めており、たとえば中国では住宅のドアセキュリティにスマートドアロックとして指紋認証が採用され始めています。今後は車のドアセキュリティへの応用も期待されています。

一方で、スマートフォンのようなポータブルデバイスと異なり、住宅や車のセキュリティではより信頼性の高い個人認証が求められ、このためには指全体を検出可能なサイズの指紋センサが必要となります。このため高価なシリコン製指紋センサに代わる、低コストのガラス指紋センサへの期待が高まっています。

当社では、スマートフォン向けデバイスで培ったLTPSバックプレーン技術とタッチパネル技術を活用し、さらに指紋センサ用の駆動技術や認証アルゴリズムを開発し、静電容量式ガラス指紋センサ技術を量産レベルまで高めることに成功しました。そしてこのたびスマートドアロック向けに採用され、量産を開始いたします。

今後はガラス指紋センサの特長をさらに活かし、より大きなサイズのセンサ、透明性を活かした商品デザイン、曲げても割れないフレキシブルセンサなど、新たな指紋センサの市場セグメントを創りだしていきます。

■関連ニュースリリース



プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ