JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2019年02月26日
株式会社ジャパンディスプレイ

フォルシアと車載コクピット向けディスプレイで覚書を締結
-新世代車載コクピット向け32.1インチ横長ディスプレイの協業プロモーション開始-
32.1インチ横長ディスプレイ

株式会社ジャパンディスプレイ(代表取締役会長 兼 CEO東入來 信博、以下JDI)は、車載コクピット向けディスプレイでフランスのグローバル自動車部品メーカーであるFaurecia Interieur Industrie SAS(以下、フォルシア)と協業プロモーションの覚書を締結しました。JDIは、車載向け32.1インチ横長ディスプレイ(アスペクト比16:3)をフォルシアと共にプロモーションを開始します。

JDIとフォルシアは、CES2019にて32.1インチ横長ディスプレイを採用したモーフィング・インストルメントパネルを展示しました。本パネルは、将来の自動運転を想定してデザインされています。手動運転時には、運転者席の前方に位置し、ナビゲーション情報やスピードなど運転に必要な情報、安全情報を表示します。また、自動運転に切り替えると、センターコンソールに移動し、エンターテイメント・スクリーンとして使うことができます。前方座席を斜めに動かすことにより後部座席の同乗者とスクリーンを共有することができるため、例えば、動く映画館としての空間を楽しむことができます。

モーフィング:
画像や形状が別のイメージへ滑らかに変化すること

Oliver Burscher, Managing Director of the JDI Europe GmbH コメント:

我々はディスプレイメーカの視点より、将来においても車載マーケットは非常に有望であると考えています。自動運転の流れは、すべての利用者に車内空間の新たな過ごし方や、あり方を提案することを可能にします。JDIはフォルシアと共に新たなディスプレイを通じて、人々に新しい生活、体感、視感を提供します。

David Weill, Vice-President Marketing & Business Development at Faurecia Interiors コメント:

自動運転、カーシェアリング、電動化が急速に進む中、運転のあり方を変え、結果として自動車、車内のインテリアも変わろうとしています。これらの変化によりディスプレイの汎用性とパーソナライズは様々な車内活動を円滑に進めるための鍵となります。JDIとフォルシアは互いの専門知識を持ち合わせ、ユーザーエクスペリエンスを向上させるため、様々なシーンに対応する革新的なディスプレイを開発します。そして、フォルシアはノウハウを活用し安全、高品質、革新的なディスプレイをコクピットに統合します。

ジャパンディスプレイについて

当社は、人と世界を結び、瞬時に多くの情報を伝えるインターフェースにはなくてはならない「中小型LCDディスプレイ」の開発・設計・製造及び販売を行い、世界のリーディングカンパニーとしてグローバル市場にお届けしています。
スマートフォン向けディスプレイ市場をはじめ、中小型ディスプレイの成長市場においては、得意とするLTPS(低温ポリシリコン)を基盤とした新たなプラットフォームである、4辺すべてを狭額縁化したディスプレイFULL ACTIVE を市場へ送り出し、また、精細度・生産性に優れるOLEDディスプレイの事業化に向け加速しております。 さらに、今後の成長戦略の中心となる世界市場シェアNo.1の車載、また産業機器などのノンモバイル事業において開発強化を進めるとともに、新規事業領域ではセンサ分野への参入をはじめ、ディスプレイの分野を越えた新たなポジションの獲得を目指して取り組んでおります。

www.j-display.com

フォルシアについて

フォルシアは、1997年に設立されたフランス・パリ近郊のナンテールに本拠を置く自動車部品メーカーです。世界35カ国、290サイト、30ヶ所のR&Dセンター、従業員109,000人を有します。自動車のシート、内装システム、排気システムの各分野において世界的リーディングカンパニーです。2017年グループ売上高は170億ユーロ、ユーロネクスト・パリCAC Next20銘柄に入っています。

www.faurecia.com別ウィンドウ



プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ