JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2020年07月31日
株式会社ジャパンディスプレイ

30.2インチ8K4K液晶ディスプレイ292ppiを開発

株式会社ジャパンディスプレイ(代表取締役社長 兼 CEO 菊岡 稔、以下当社)は、30.2型8K(7680(横)× 4320(縦)画素、292ppi)液晶ディスプレイの開発をいたしました。

高輝度タイプ(1000 ㏅/m2)

広色域タイプ(BT.2020 90%)

一般社団法人映像情報メディア学会提供チャートを使用したイメージ写真です。

今回開発した30.2インチ8K液晶モジュールは、今後広がりを見せる非開腹手術(腹腔鏡手術、内視鏡手術)に加え、繊細な表示を求められる眼科や脳外科手術といった医療用途、および放送局や画像編集用途に適しています

本液晶ディスプレイは、用途に応じて使い分けいただけるよう、8K4K医療用液晶ディスプレイの中では世界トップレベルの輝度(1,000 ㏅/m2)を実現した高輝度モデルと、広色域モデル(BT.2020カバー率90%)の2仕様を用意いたしました(当社調べ)。
当社では、このような高精細と高輝度を実現するためにLTPS技術を利用するとともに、IPS液晶により広視野角、高コントラストを実現しております。
なお本技術を用いた製品はサンプル対応を開始し、2021年夏からの量産を予定しています。

当社では、長年培ってきたディスプレイ技術により、今後更にヘルスケア・医療分野の製品ラインアップを順次拡大して参ります。

ppi(pixel per inch)は1インチあたりの画素数

【本製品の概略仕様】

  高輝度タイプ 広色域タイプ
画面サイズ 30.2型 30.2型
画素数 7680 × RGB × 4320 7680 × RGB × 4320
精細度 292 ppi 292 ppi
液晶モード IPS-NEO IPS-NEO
コントラスト比 1400:1 1400:1
画面輝度 1000 ㏅/m2 500 ㏅/m2
表示色 1,073,741,824 color(10bit) 1,073,741,824 color(10bit)
色再現域 85% (NTSC比) 90% (BT.2020比)


プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ