ニュースリリース:旧東芝モバイルディスプレイ

2011年10月20日

世界最高レベルの高精細液晶ディスプレイの開発について
- 写真画像が表現できる精細度498ppi -


画像拡大表示(JPEG形式/6.01MB)別ウィンドウ


画像拡大表示(JPEG形式/700KB)別ウィンドウ

東芝モバイルディスプレイ株式会社(社長:深串 方彦)は、直視型では世界最高レベルの精細度498ppiをもつモバイル用液晶ディスプレイを開発しました。画面サイズは6.1型ながら解像度がフルハイビジョンを越える2560×1600(Wide QXGA)となります。

近年、高度の通信機能を備えた高機能OS(Operating System)と、大容量、高速の通信インフラが整備されてきております。これらをベースに、大量の情報を1画面内に表示して素早い判断、処理を可能とするスマートフォンやタブレット等の情報処理端末用画面や、3D表示などを用いたより臨場感の高い画面表示に対する要求が高まっております。

我々は、長年培ったガラス基板上に微細で高性能な低温ポリシリコンTFTを形成する加工技術と精度の高い組み立て技術を基にして世界最高レベルの精細度を持つ液晶ディスプレイを開発致しました。
本開発品は写真画像とほぼ同等の高品位で深みのある映像の表示を可能にします。そして、2D表示にもかかわらす奥行きのある高い臨場感を表現します。

なお、本開発品は、10月26日から同月28日までパシフィコ横浜で開催される「FPD international 2011」東芝モバイルディスプレイブースに展示する予定です。

開発製品
画面サイズ 6.1型
画素数 2560(H)×RGB×1600(V)
精細度 498PPI
コントラスト比 1000:1
視野角 上下176度以上 左右176度以上(コントラスト比 10:1)
色再現範囲 61%(NTSC比),CIE1931
表示色 16,777,216色

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。 予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。