JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2012年10月25日

超低消費電力反射型カラーディスプレイを開発
- 新反射光学技術と画素内メモリ技術採用 -


画像拡大表示(JPEG形式/814KB) 別ウィンドウ

株式会社ジャパンディスプレイ(社長:大塚周一)は、紙のような自然な見栄えで動画表示可能な、超低消費電力反射型カラーディスプレイを開発しました。
反射型LCDの散乱層を新規開発し、光学設計を最適化することにより、ペーパーライクなカラー動画表示を可能としました。また、低温ポリシリコンの特徴を生かした画素内メモリ技術により、超低消費電力を実現しました。
このパネルは、10月31日から11月2日までパシフィコ横浜で開催される「FPD International 2012」に出展いたします。

透過型当社従来モデルとの比較

【開発品の概略仕様】
  高反射率仕様 高色純度仕様
(参考出品)
画面サイズ 対角 17.9㎝ (7.03型)
画素数 768×RGB×1024 576×RGBW×1024
反射率 40% 28%
NTSC比 5% 36%
コントラスト比 30:1 30:1
消費電力 3mW (静止画表示時)

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ