JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2013年05月21日

高精細5.2型Full-HDを実現した有機ELディスプレイの開発と
パイロットラインの敷設について


画像拡大表示(JPEG形式/1.08MB) 別ウィンドウ

株式会社ジャパンディスプレイ(社長:大塚周一。以下、当社。)は、対角5.2型でフルハイビジョンフォーマット(1080(横)×1920(縦)画素。以下、Full-HD。)の高精細有機ELディスプレイを開発しました。

本開発品は白色有機ELとカラーフィルタを用いた構成で、赤、緑、青 (以下、RGB)と高輝度化に寄与する白(W)の4つのサブピクセルによるRGBW方式の画素構成となっています。Full-HDで423ppiの高精細画面を実現することで、高画質でリアルなフルハイビジョン表示を可能にしました。

スマートフォンに代表されるモバイル用液晶ディスプレイはFull-HDが主流になりつつあります。当社は、有機ELディスプレイのFull-HDを実現すべく開発を進め、高精細LTPS技術と白色有機EL技術、駆動技術などの各種要素技術を導入し、Full-HDで423ppiの高精細有機ELディスプレイの開発に成功しました。

本開発品は本年5月21日から23日までカナダVancouver Convention Centerで開かれる「SID(Society for information display)2013」の当社ブースに展示する予定です。

また、当社では、石川県の当社石川工場内に少量生産が可能なパイロットラインを敷設することを決定いたしました。今年度末より設備を搬入し、2014年春に稼働する予定です。今後は、同ラインにて開発試作を行うとともに、有機ELディスプレイの量産化に向けて材料、設備などの検証を進めていきます。

【開発品の概要】
  高精細Full-HD有機ELディスプレイ
表示方式 白色有機EL
画面サイズ 5.2型(対角13cm)
画素数 1080(横)×1920(縦)画素 (RGBW)
精細度 423ppi
  • 【パイロットラインの概要】
  • ・ライン世代  :4.5世代(ガラスサイズ 730mm×920mm)
  • ・生産能力   :4千シート/月
  • ・敷設場所   :石川県能美郡 石川工場内
  • ・稼働予定時期 :2014年春(開発試作)

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ