JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2013年06月03日

世界最大クラスの第6世代LTPS液晶ラインの量産を開始
最先端ディスプレイ対応の茂原工場新ラインにて拡大する需要に対応


画像拡大表示(JPEG形式/605KB) 別ウィンドウ

株式会社ジャパンディスプレイ(社長:大塚周一。以下、当社。)は、本日、当社茂原工場(千葉県茂原市早野)に新設したLTPS液晶ラインによる量産を開始いたしました。当ラインは、第6世代(1,500mm×1,850mm)のガラス基板を使用する、LTPS(低温ポリシリコン)対応の世界最大クラスの生産ラインです。最新設備を導入することで、ハイエンドのスマートフォンやタブレットに向けた高性能、高品質なディスプレイを生産いたします。

当社は、スマートフォン及びタブレット向けの高精細ディスプレイを事業の主要な柱としています。現在、ハイエンドスマートフォンでは5型クラスでFull-HD(400ppi※超)の高精細ディスプレイの採用が急速に拡大しています。また、タブレット用途でも高精細化の進行が期待されています。当社は高精細LTPS技術のリーディングカンパニーとして、拡大する需要に対応すべく新ラインを開設いたしました。
新ラインは、LTPSとして世界最大クラスの基板サイズである1,500mm×1,850mmのマザーガラスを使用し、月産約24,000シート体制で立ち上げを行います。その後は需要動向を勘案のうえ増強を進め、最終的には月産約50,000シート体制を目指して整備を図ってまいります。設備投資額は総額で約2,000億円を予定しています。

また、当ラインは、LTPS最大クラスの第6世代ガラス基板の使用と合わせ、最先端生産設備を備えます。先端モバイル製品には、高精細、広視野角、低消費電力、薄型化が求められます。新ラインは、超高精細を実現するLTPSをベースに、広い視野角を実現するIPS、低消費電力のWhiteMagicTM、さらに、タッチパネル機能をディスプレイ上に一体形成し薄型化と高画質化を同時に実現するPixel EyesTMなどの先端設計ディスプレイを製造する最新ラインとなっています。

当ラインは、2012年4月に当社が他社から購入したテレビ用液晶ラインを、中小型ディスプレイ用に転換したものです。クリーンルームは3階構造、建屋面積は約201,000m2です。需要の拡大が続く中、協力会社各社のご尽力を得ながら、ライン取得から約1年での量産投入開始という異例の早さでの立ち上げを実現することができました。

新ラインの稼働により、当社は、お客様のご要望により一層お応えするとともに、モバイル製品のさらなる発展に貢献してまいります。

※ ppi (pixel per inch) : 1インチあたりの画素数

  • 【新ラインの概要】
  • ・ライン世代 : 第6世代(ガラスサイズ 1,500mm×1,850mm)
  • ・投入能力 : 約24,000シート/月(量産開始時)
  • ・稼働開始 : 2013年6月3日
  • ・敷設場所 : 千葉県茂原市早野(当社茂原工場内)
  • ・建屋面積 : 約201,000m2

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。
予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ