JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2014年06月19日

高解像度タブレット向けの量産準備開始


画像拡大表示(JPEG形式/913KB) 別ウィンドウ

株式会社ジャパンディスプレイ(社長: 大塚周一/以下、当社)は、高解像度タブレット向けPixel EyesTMの要素技術開発を完了し、量産準備を開始しました。これにより、5型クラスのスマートフォン用途※1だけでなく、7型を超えるワイドQXGA(1,600(横) x 2,560(縦)画素)や4K2K(3,840(横)x2,160(縦)画素)などの高解像度タブレットにおいても新たにPixel EyesTM製品をお使いいただけるようになります。

Pixel EyesTMは、タッチセンサー機能をディスプレイに内蔵する当社独自技術を搭載した製品です。Pixel EyesTMでは、従来は別部品として取り付けられていたタッチパネルが不要になるため、ディスプレイモジュールの薄型、軽量化や透過率の向上が実現できます。また、快適なタッチ操作感だけでなく、スタイラスペン入力など多様なユーザーインターフェースが可能となっています。

高精細タブレット向けのディスプレイでPixel EyesTMを実現するためには、サイズアップに伴うディスプレイ及びタッチセンサーの駆動性能向上が課題でした。今回、内蔵タッチセンサーに使用する配線を飛躍的に低抵抗化する新たな技術開発を行い、独自の駆動技術と組み合せることによって、高解像度タブレット向けディスプレイにタッチセンサー機能を内蔵する技術を世界で初めて確立しました※2。当社茂原工場(千葉県茂原市早野)の第6世代(1,500mm x 1,850mmガラス基板)低温ポリシリコン(LTPS)液晶パネルラインの整備を行い、2014年秋より量産開始することを目指して生産準備を進めております。

当社はタブレット市場でのLTPSの拡大を図り、モバイル製品のさらなる発展に貢献してまいります。

※1 2013年10月8日 当社ニュースリリース タッチセンサー機能内蔵液晶モジュールPixel EyesTMラインアップ拡充
※2当社調査による

Pixel Eyesは株式会社ジャパンディスプレイの商標です。



プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ