JDI > ニュースリリース

ニュースリリース

2014年10月23日

低温でも動画がくっきり見える高速応答液晶ディスプレイを開発
- 広温度範囲でさらに高い視認性を確保 -

株式会社ジャパンディスプレイ(社長:大塚周一/以下、当社)は、広視野角、高コントラスト、色調変化が小さいといったIPSの長所はそのままで、応答速度を向上させる新しい駆動方式の液晶ディスプレイを開発しました。特に0℃以下の低温下では、約2~3倍の改善が見込まれ、リアルタイムの正確な動画表示が求められる車載向け、カメラ向けなどの広い製品用途への適用が期待されます。

デジタルディスプレイが多様な用途に使用されるようになった現在、広い温度範囲で良好な表示が維持されることが求められています。液晶にはその特性として、極端な低温下では応答速度が落ち、残像が発生するという課題があります。今回開発したディスプレイは、応答速度の改善によって、低温環境下で残像が大幅に軽減されます。本開発品は、2015年度中の量産確立を目指します。

当社は、世界に新たな価値を産み出すディスプレイ、Live Interfaceの実現のために、様々な技術開発を続けてまいります。

このディスプレイは、10月29日から31日までパシフィコ横浜で開催される「Display Innovation 2014」にてご覧いただけます。

当社比

【出展品の概略仕様】
1.車載用
画面サイズ 対角 25.4cm (10.0型)
画素数 2,880(横)x RGB x 1,080(縦)
精細度 308 ppi
応答時間 tr+tf = 60+35ms @-30℃
tr+tf = 3.5+2.5ms @25℃

画像拡大表示(JPEG/873KB)別ウィンドウ


2.デジタルカメラ用
画面サイズ 対角 7.49cm (2.95型)
画素数 720(横)x 480 × RGB(縦)
精細度 293 ppi
応答時間 tr+tf = 30+25ms @-20℃
tr+tf = 5+5ms @25℃

画像拡大表示(JPEG/1.12MB)別ウィンドウ


プレスリリース記載の情報は、発表日現在の情報であり、予告なしに変更されることがあります。プレスリリースに記載の情報のうち、当社の予測、予想、計画その他の将来に関する情報については、当社が発表日現在で入手している情報に基づく当社の分析又は判断によるものであり、実際の結果とは大きく異なる可能性がある点にご留意ください。

別ウィンドウこのマークがついているリンクは別ウィンドウが開きますこのページのトップへ