ニュースリリース:旧日立ディスプレイズ

2011年10月19日

医療モニタ用IPS液晶モジュールのLEDバックライト製品ラインアップ拡充

医療用液晶モジュール全製品をLEDバックライト製品に

株式会社日立ディスプレイズ(取締役社長:井本義之/以下、日立ディスプレイズ)は、このたび、高輝度、高コントラスト、広視野角を特長とするIPS-Pro技術を採用した医療用IPS液晶製品を、すべてLEDバックライト対応にします。液晶の光源となるバックライトに白色LEDを採用することで、長寿命化と低消費電力化を図ります。

医療モニタ用IPS液晶LEDバックライト製品は、10月26日から10月28日まで横浜パシフィコで開催される「FPD International 2011」に出展します。

LEDバックライト対応の主な製品

製品名 サイズ 解像度 量産予定
TX54D14VC0CAA 54cm(21.3型) UXGA(1600×1200) 2011年12月
TX54D72VC0CAA 54cm(21.2型) QXGA(2048×1536) 2011年12月
TX48D02VM0BAA 48cm(19型) WSXGA+(1680×1050) 2012年3月
TX43D90VM0BAA 43cm(17型) WXGA(1280×768) 2012年3月
TX43D22VC0CAA 43cm(17型) SXGA(1280×1024) 2012年6月

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。 予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。