ニュースリリース:旧東芝モバイルディスプレイ

2004年9月29日

世界最大サイズの低温ポリシリコンTFT-LCDを、
業界最高レベルの高画質TV用パネルで製品化

世界最大サイズの低温ポリシリコンTFT-LCDを、業界最高レベルの高画質TV用パネルで製品化

当社は、世界最大サイズとなる32型ワイドの低温ポリシリコンTFT-LCD(液晶表示装置)を開発し、これに量産レベルとしては世界初となるOCB(Optically Compensated Bend)技術を組み合せることで、業界最高レベルの高画質TV用パネルを実現しました。

これまで低温ポリシリコンTFT-LCDの量産サイズとしては、当社の17型が世界最大でしたが、当社がコアテクノロジーとして開発に注力してきた低温ポリシリコン技術をより発展させることで、広い面積に高性能のTFTを均一に作り込むことが可能となり、表示面積で従来比3.2倍の世界最大サイズが実現しました。

また、量産レベルとしては世界初となるOCB技術を23型ワイド(アモルファスシリコンTFT-LCD)とともにラインアップ化して採用。同技術の特長である広視野角と5m秒以下という高速応答性に加え、映像表示の合間に黒表示期間を設けることで、切れあじの良い動画像による業界最高水準の高画質を実現しています。

本パネルは、業界最高レベルの高画質を最大限に活かすことができるハイエンド製品への搭載を想定しており、23型ワイドについては、すでに当社石川工場(石川県能美郡)で量産を開始。32型ワイドについても、2005年春からシンガポールの関係会社で高級機種向け量産(市場要求としてまずは数千台/月規模を想定)を展開していく予定です。

当社では、お客様のニーズに的確にお応えできるよう、今回商品化に成功したOBC技術を積極的に他製品に展開していくとともに、32型ワイドを実現した低温ポリシリコンTFT-LCD技術については、テクノロジードライバとして、携帯用・車載用・DVD用などの中小型製品やOLED(有機EL)等、将来の基盤技術の早期具現化に向け、更なる開発を加速していきます。

なお、本パネルは、10月5日から幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2004」に出展する予定です。

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。 予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。