ニュースリリース:旧東芝モバイルディスプレイ

2011年10月18日

新広視角技術採用液晶ディスプレイの開発について
- “SoludinaTM” -

新広視角技術採用液晶ディスプレイの開発について
画像拡大表示(JPEG形式/1.71MB)別ウィンドウ     ISO/JIS SCIDの画像を使用

新広視角技術採用液晶ディスプレイの開発について
画像拡大表示(JPEG形式/1.31MB)別ウィンドウ     ISO/JIS SCIDの画像を使用

東芝モバイルディスプレイ株式会社(社長:深串 方彦)は、新表示モードの広視角技術を使ったモバイル用液晶ディスプレイ“SoludinaTM”(ソルディナ)を開発しました。画面サイズが4.3型と7型の製品を本年度内に量産開始し、ラインナップを拡大していく予定です。

近年、高度の通信機能を備えた高機能OS(Operating System)と、大容量、高速の通信インフラをベースに、画面上での直感的な操作を基本としたスマートフォンやタブレット端末が、携帯電話分野の中で大きく、しかも急速にシェアを伸ばしています。スマートフォンやタブレット端末は大量の情報を鮮明に表示できるため、画面の大型化、高精細化が進んでおり、大画面、高精細での広視角で鮮明な表示画面が要求されます。

今回、当社は高精細に適した画素構造をもつ新表示モードを採用する事で、精細度に影響されること無く鮮明で高い視野角性能を実現しています。そして、本製品では、スマートフォン、タブレット端末等で必要となる広い視角範囲での色再現性を実現しています。

高精細化に適した駆動用の低温ポリシリコンTFTと組み合わせることにより、スマートフォン等に最適な高精細液晶ディスプレイとなります。また、当社のもつスクリーンフィット(R) 技術と組み合わせることで、より広視角がきわだち、薄く軽い製品に貢献します。

なお、本開発品は、10月26日から同月28日までパシフィコ横浜で開催される「FPD international 2011」東芝モバイルディスプレイブースに展示する予定です。

画面サイズ 4.3型 7.0型
画素数 720(H) x RGB x 1280(V) 800(H) × RGB × 1280(V)
精細度 342PPI 217PPI
コントラスト比 800:1 800:1
視野角 上下176度以上 左右176度以上 (コントラスト比 10:1) 上下176度以上 左右176度以上 (コントラスト比 10:1)
色再現範囲 71% (NTSC比), CIE1931 71% (NTSC比), CIE1931
表示色 16,777,216色 16,777,216色

プレスリリース記載の情報(製品価格/仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。 予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。